ホップの成長日記

アクセスカウンタ

zoom RSS あの日のこと 3年前(2006.01.03)

<<   作成日時 : 2009/01/03 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像



       青年の夢
  高校時代から あこがれていたことがありました。 
  新潟からナホトカへ向かう航路で出かけ、
  シベリア鉄道に乗りそしてイスタンブールへ。
   その後 オリエント特急、「金の矢号」に乗りパリへ向かう。
  ひとりぽっちの旅が青年の憧れの時期 でした。

   設定していた目的は、モンマルトルの丘・ルーブル美術館・
  ロワールの古城・カララの石切り場・バ チカン市国・フォロロマーノ・
  ローマのパンテオン・ベニスのガラス細工・
  ミュンヘン博物館・フユッセン街道・ザルツブルグの街・チロル地方・ほか
  を訪れること。
   以前に載せましたが、当時の週刊誌に連載されていた五木さんの小説によ
  る冒険心、そして芸術と知識に対しての好奇心がそうさせたのかもしれません。

   雑誌、「地球を歩こう」「エイビーロード」「JTBのガイドブック」を買い込み
  空想の中で旅の夢をふくらませました。

          荒野

      明るい過去があり 暗い過去もあった。
      しあわせな過去もあり 傷ついた過去もあった。
      その翌年 翼を羽ばたいて ただ前を向いて
      飛びたった。

      オルリー空港に一人ぽっちで立ったとき
      これが青春だと思った。

   目的としていた学校とは縁がなかったのか、
   その年に開学した学校への進学を決めた。
   その当時、まだ一棟しかなかった校舎の屋上から 冠雪の「余市岳」が望めた。
   校庭の先は原生林があり 学術研究的にも素晴らしい森である。
   現在は傍らに 記念塔、
   貴重な家屋を移築した「開拓の村」がある。

   周りに迷惑をかけているのかどうか、
    おおらかな気持ちと、ゆとりと、癒しの方法は その時身に着いたのだと思う。

    絵葉書は、パリ郊外 ロワール川のほとりのシャンポールの城です。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの日のこと 3年前(2006.01.03) ホップの成長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる